大恭建興

現場の様子(長町の家) その二

2019.01.21 / 家づくり

環境パイル工法による地盤改良工事。
防腐防蟻処理された木製パイルを地中に圧入し、地耐力をUPします。

杭の太さはこのくらい。
内部まで防腐防蟻薬剤が浸透しているので腐朽の心配は無い。

掘削~断熱材敷設~鉄筋組立~鉄筋検査。
今冬は降雪が少なくて助かります。

コンクリート打設後すみやかに仮設テントを組み立てて、加温養生。
野戦病院のような様相。
打設直後のコンクリートは低温にさらされると凍害や硬化不良が起こるので、
厳寒期はこういったテント養生を行うべきですね。
凍害は温度補正とは別問題。生コンが凍らないように配慮しましょう。
ストーブを炊けば外気が0℃程度まで冷え込んでも
内部は10℃くらいはキープできるかな。

火気を扱うので夜間の見回りなど、現場は苦労します。
皆さんお疲れ様です。

十分な養生期間を経て脱枠。
ジャンカやピンホールもほとんどなく、
綺麗に仕上がりました。

小幡 大樹

小幡 大樹

専務取締役・一級建築士

大恭建興に相談してみませんか?
突然の訪問や無理な営業活動は一切いたしません。
新築、リフォーム、住まいに関する疑問・質問などお気軽にお問い合わせください。
カタログのご請求や見学会の来場予約もお待ちしております。
ページ上部に戻る