新潟(長岡市・三条市・新潟市)で新築・リフォームなら大恭建興。自然素材とデザインにこだわった高気密・高断熱の注文住宅をご提案いたします。
基本仕様・スペック
大恭建興HOME基本仕様・スペック > 断熱仕様

断熱仕様

断熱性能

大恭建興では計算上のQ値(熱損失係数)は1.5以下、UA値(外皮平均熱貫流率)は0.5以下を標準としています。Q値とは、建物の保温性能の目安となる値のことで、この数値が小さいほど「断熱性の高い住宅」ということになります。当社では温熱環境計算プログラム「Q-PEX」を採用し、断熱性能の計算、年間暖房費用の計算も行っています。
また、ご要望によっては超高断熱仕様(Q=1.0)にも対応可能。熱交換タイプの換気システムや高断熱サッシ、外張断熱・充填断熱を併用した付加断熱仕様により、冷暖房費用の大幅削減につなげます。ただ、いくら計算上の数値が高性能でも、実際に建築するときの施工精度が伴わなければ設計上の性能は発揮できないため、計算上の断熱性能を出すために断熱補強は徹底して行っています。

断熱工法

大恭建興ではNPO法人「新住協」が推進している「ボード気密工法」を断熱工法の標準仕様としています。ボード気密工法とは高性能グラスウールを壁内に充填する充填断熱の一種で、ローコスト&ハイスペックな断熱工法です。透湿性の高い耐力面材を外部に張り、壁内の湿気をスムーズに外部へ排出するのが特徴で、従来の繊維系断熱材の難点であった壁内結露を防止でき、気密化の技術も確立されているため、ローコストで高気密・高断熱な建物を計画することができます。
また、気密工事が容易で安定した気密性能を得やすい「外張断熱工法」にも変更可能ですし、その2つを組み合わせた「付加断熱工法」にも対応できます。付加断熱工法を採用することで、ダブルの断熱層により外殻の熱抵抗が飛躍的に上がり、高断熱サッシや熱交換換気システムと組み合わせることでQ値が1.0程度の超高断熱住宅(Q1.0住宅)も実現可能となります。

基礎断熱

地面に最も近く、常に外気と湿気にさらされているのが床下ですが、その床下の断熱は、建物や人間にとって大切なポイントです。建物の1階床からの熱損失を防ぐ方法として、床断熱と基礎断熱の2つがあります。床断熱とは、建物の1階床下の全面に断熱材を取り付けて、外部の温度の影響を受けないようにする工法で、日本の住宅の大部分は床断熱です。対して大恭建興が推奨する基礎断熱とは、床下に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに板状の断熱材を施工し床下換気口を設けない工法のことを言います。
基礎断熱は外周壁の布基礎部分の気密化を意識するだけで気密施工が容易にできるので、断熱・気密性能を安定的に確保しやすいというメリットがあります。 また、床下エアコンを採用することで、床暖房以上のマイルドな熱環境になり快適性が大幅に向上します。

断熱材

断熱材には繊維系、プラスチック系、自然素材系と様々な物がありますが、大恭建興では基本的に「高性能グラスウール」と「アクアフォーム」を採用しています。
ガラスを繊維化してバインダーで固めたグラスウールは、繊維と繊維の間に無数の空気室を持っています。身近にある物質の中で、もっとも熱を伝えにくい「空気」を絡み合ったガラス繊維でしっかり固定させることで優れた断熱性能を発揮します。また、火に強く吸音性にも優れており、コストパフォーマンスに優れた断熱材です。
アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆う、吹き付け発泡による断熱工事です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10Kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また、透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。一定の品質が期待できるため、とくに断熱ラインが複雑な物件の場合にはアクアフォームを採用しています。

全熱交換型換気扇

断熱と気密は、片方1つが欠けても住まいの快適性は低下してしまいますが、断熱と気密が高くなればなるほど住まいの内部空気は汚れていきます。そこで大切になるのが「計画換気」です。計画換気とは「住まいに新鮮な空気を送る」ことですが、建築基準法では「24時間換気設備の設置」と「2時間に1回家全体の空気が換わる」ことが義務付けられています。
大恭建興では基本的に全熱交換タイプの換気扇を推奨しています。熱交換効率80%の換気扇を採用した場合、外気温0℃、室内温度20℃のとき、この換気扇を介して給気すると、16℃の新鮮な空気が室内に入ってくる、という計算になります。つまり、暖房負荷が大きく軽減され、暖房費用が大きく抑えられるというわけです。新潟県では一般的な熱交換なしの換気方法だと、0℃の外気は0℃のまま、室内に入ってきます。当然、エアコン等には大きな負担になるし、給気口付近は冷気を感じます。「全熱交換型換気扇」は、それらをすべて解決する夢のような換気扇なのです。
初期投資は多少かかりますが、ランニングコストを考慮すれば決して損はしないはずです。

開口部

高性能な住宅を建てる上で、窓は住宅の中で断熱・気密・遮音に最も弱い部分です。建物全体の熱損失でみた場合、全体の40%が窓からの熱損失と言われています。そのため、窓の断熱性能が低いと、壁の断熱材を増やしても、ある一定以上いくと冷暖房効率がほとんど上がりません。窓の断熱性能を向上させることは「建物全体の断熱性能を向上させる」上で費用対効果に優れた部分なのです。
大恭建興では、サッシは高い断熱性能を誇るYKK APの「APW330」を標準仕様とした上で、オプションとしてトリプルガラスを採用した「APW430」を推奨しています。
また、玄関ドアも超高断熱ドアを採用。断熱性能が高く、気密性能に優れているため、心地よく快適に過ごせます。

気密性能

当社施工物件の平均的な実測C値(隙間相当面積)は0.5前後。C値とは、床面積1m2あたりの隙間相当面積のことで、この数値が小さいほど「気密性の高い住宅」ということになります。国が示す指標「次世代省エネ基準」では新潟県の場合C=2.0以下を求められているので、それを大幅に上回る気密性を確保しています。
気密性の低い住宅=隙間の大きい住宅は、熱のロスがあるだけでなく、換気扇を回しても負圧が働かず、吸気と排気がうまくいきません。よどんだ空気の箇所が生じ、カビやダニの発生要因となります。また、壁の内部に水蒸気が入り込むことで結露し、木材を腐らせることもあります。
大恭建興では大工はもちろん、電気、配管など各業者には気密化工事を徹底させることにより高気密を実現しています。
PAGE TOP
Copyright © DAIKYO KENKO. All Rights Reserved.