新潟(長岡市・三条市・新潟市)で新築・リフォームなら大恭建興。自然素材とデザインにこだわった高気密・高断熱の注文住宅をご提案いたします。
コンセプト
大恭建興HOMEコンセプト > 光と風のパッシブデザイン

光と風のパッシブデザイン

パッシブとは、アクティブ(能動的)の対義語で、受動的という意味です。パッシブデザインとは、エアコンなどの機器をなるべく使わず、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま受動的に利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計手法のことを言います。

太陽光をたくさん取り込む窓のある家は、照明の利用を減らすことができます。軒や庇を上手く配置すれば、夏の暑い陽射しを遮り、冬の暖かな太陽熱を取り入れることができます。当然、冷暖房の利用を抑えることになります。
風の通り道に窓を配することで、風通しが良く快適な生活が望めます。もちろん、無風状態でも風の流れを作ることができるよう、開口部の上下差や天窓、ウインドキャッチャー(風を呼び込める袖窓や出窓等)も工夫して配置します。自然の光や風を上手に活用して、冬暖かく、夏涼しくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしが実現できるのです。

旧来の日本建築は、深い軒や、風通しの良い間取りなど、随所にこのパッシブデザインを感じることができます。大恭建興では、新しい技術、デザインのご提案と共に、このパッシブデザインの家づくりをこれからも続けていきたいと思っております。

形態は機能に従う

著名な建築家ルイス・サリヴァンは「形態は機能に従う(form follows function.)」という言葉を残しています。
一概にデザイン住宅、デザイナーズハウスといっても、明確な定義付けがあるわけではなく、スタイリッシュでおしゃれな住宅をそう呼ぶことがある種の定義となっています。しかし、ただ単純におしゃれなだけでいいのでしょうか?
いえ、「形態は機能に従う(form follows function.)」です。大恭建興は、機能的でおしゃれな住宅こそがデザイナーズハウスであると考えます。古き良きものを大切にしながら、斬新で新しいものを提案する。そして、お客様の夢を乗せてつくりあげる住宅こそが本当の「デザイン住宅」ではないでしょうか。
デザインには理由があるのです。パッシブデザインを念頭に、良きデザイン、良き機能をもった「世界に1つだけの家づくり」を一緒に楽しみたいと考えています。
PAGE TOP
Copyright © DAIKYO KENKO. All Rights Reserved.