新潟(長岡市・三条市・新潟市)で新築・リフォームなら大恭建興。自然素材とデザインにこだわった高気密・高断熱の注文住宅をご提案いたします。
コンセプト
大恭建興HOMEコンセプト > 自然素材へのこだわり

自然素材へのこだわり

大恭建興は「自然に優しいものは人にも優しい」をコンセプトに、自然素材にこだわった住まいづくりを展開しています。

近年では新建材を使った家が当たり前になりました。
新建材とは、「合板フローリング」などの、手間がかからず、コストが安く、大量生産できる、簡単に言えば「偽物建材」のことです。新建材で作られた家は作った時が一番きれいで、だんだんみすぼらしくなっていく場合がほとんどです。
対して自然素材の家は、素足で歩いた時や手で触れた際に優しさや温もりを感じ、手を掛け時が経つほどにそれぞれの素材が持つ個性や風合いが味わいを深めていきます。
また、自然素材には有害な化学物質をほとんど含んでいない点に加え、調湿作用や断熱・耐火性・消臭など、素材自体が元々持っている優れた特性があります。

大恭建興は自然素材が持つ風合いを大切に、人にも自然にも優しい安心・安全な住まいづくりを心掛けています。

無垢の木材



数ある自然素材の中でも大恭建興が特にこだわっているのが無垢の木材。
樹木のもつ本来の質感や香りを楽しむことができ、耐久性に優れ、人体に影響する有害物質も含まれておりません。
さらに、快適な湿度を保つ調湿効果、疲労回復やストレス緩和などのリフレッシュ効果、カビ・ダニの抑制効果などが期待されます。
ただし、天然材ゆえの欠点を兼ね備えているのも事実です。
空気中の水分で収縮・膨張を繰り返してしまう、傷つきやすい、反る・曲がる、工業製品と比べて価格が高い、などデメリットも多々あります。
しかしながら、健康や安全性、環境をトータルで考えれば決して高い材料だとは言えませんし、数々のデメリットは無垢の木材が生きている証拠でもあります。 そして卓越した技術力を持つ大恭建興だからこそ、無垢の木材のデメリットをカバーし、その力を最大限に活かすことができるのです。

自然素材だけじゃない大恭建興の家づくり

自然素材にこだわる大恭建興ですが、なにも「自然素材じゃなければ絶対に建てません!」というわけではありません。
床に無垢材を使うのは標準的になっていますが、壁材は基本的にクロスですし、場合によっては集成材を多く使用することもあります。自然素材でなくても自然素材の風合いを出すことも可能ですし、無理に安い自然素材を使うくらいなら集成材を使ったほうがよりよい場合があるからです。
いずれにしてもお客様のご要望に100%応えるために最適な選択をすることが私たちの役目です。こちらからの提案を無理強いすることのないよう、柔軟な視点でお客様のサポートをしていきたいと思います。
PAGE TOP
Copyright © DAIKYO KENKO. All Rights Reserved.